2006年06月28日

斜頚のその後

病院の診察結果ですが・・・。

やはり『斜頚』でした。(ま、見てわかるが・・・)
原因に関しては、パスツレラ菌かエンセファリトゾーン症かわからないそうなので、両方の薬を投与するそうです。
んでマシュは傾斜のレベルが軽度だから、薬あげて、強制給餌もちゃんと出来れば90%元に戻ると言われたそうです。(ほっ)
問題は、強制給餌ですな・・・。
抱っこは出来ないし。。。タオルでぐるぐる巻きにするしかないのか。
これから大変な闘病生活が始まりそうです・・・。

でも、あたいらが頑張らないとねーー。フムフム。
これから、このブログは闘病記になります。

posted by クルトン at 13:36| Comment(3) | 斜頚記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふらつき・・そして斜頚へ

今朝、妙な静けさを感じ目が覚めました。(朝の5時頃)
いつもなら、大騒ぎしてる時間なのにマシュの姿がサークル、ゲージどこにもありません・・・。
ふと、トンネルの中を見るとうずくまってるマシュが見えました。

「どうしたの?おいで」と声をかけると、よちよちと起き出し、
ゆっくりトイレにジャンプしたら、その場で横転!もがいていました・・・

今までいろんな方のブログやサイト見て、斜頚について知識を詰め込んできました。でも、実際はマシュに限って・・的な考えがありました・・・。
が、現実にそれを目の当たりにすると、かなり動揺しましたね・・・。
すぐさま深夜治療の病院を探したけど、朝の5時だし電話かからん。。。

先週の土曜日、妙に首を振り続けるので「神経系の病気ではありませんか?」とかかりつけの病院に尋ねたばかりだったんです。。。
その時は異常なしで・・・その時の先生に『エンセファリトゾーン症』について聞いてみたけど、「都内にそのような事例はない」って言われてしまいました。
なので、そこの病院では『エンセファリトゾーン症』の治療はしてもらえないとわかっていたので、今日は朝一番で『さいとうラビットクリニック』に行くことにしました。(あたしは仕事を休めないので相方が休んで連れていってます。)パスツレラかエンセファリトゾーンがわからない以上、ちゃんと知識のある先生に診てもらい・・・。
だってまだ、3ヶ月半なのに。。。死ぬには早すぎるよ・・・マシューー

トイレでうずくまってるマシュをなでなでしてやり、傾いてる頭を手で支えてあげたら、あたしの手を舐め舐めしてくれました・・・
その瞬間、我慢してたものが溢れだし、久々に号泣してしまいました。
VFSH0049.JPG
トイレでうずくまってるマシュ・・

その後、何か食べさせないと!!と思い、お水をあげて、乾燥のパパイヤ3粒とりんごを少々、家で育ててる葉大根をあげました。
最初はいらない!って感じで、ぷいっとするけどしつこく口元にもっていったら、モグモグ食べました。(ちょっと安心。)

なにはともあれ・・結果待ちです。明日はあたしが会社を休むことにしました。。。絶対に死なせないから〜頑張って・・マシューー
VFSH0050.JPG
posted by クルトン at 10:10| Comment(0) | 斜頚記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。